SAVE KYOTO

2016.12.16

「ボクは、虎だリン!」

こんにちリン!

トラりんだリン!

 

 

11月27日まで京博で開催されていた、特別展覧会「没後150年 坂本龍馬」は楽しんでもらえたかな?

会期中たくさんのことを教えてくれた宮川研究員が、京都国立博物館所蔵「近世珍話(きんせいちんわ)」の中にある

「虎」のお話をしてくれたよ!

(「近世珍話」は、慶応3年に描かれた小形の絵巻物だよ!

現在、この作品の展示はされていないの。ごめリン・・・)

 

miyagawa

 

 

登場人物は龍馬さんと同じ時代に生きた、芹沢 鴨(せりざわ かも)さん。

鴨さんは新選組の初代筆頭局長だった人だリン。

 

あるとき、京都に虎がやってきて見世物として公開されていたらしいんだ。

当時本物の虎を見たことがない人がたくさん集まったお陰で、見世物小屋は大繁盛!

 

それを知った鴨さんは、「本物の虎のはずがない。人が虎の皮を被って操り、お金儲けをしているに違いない。」と、考えたそうだよ。

そうして見世物小屋へ向かい、悪事を暴いてやろうと虎の皮を剥がそうとしたところ、なんとその虎は本物!

逆に、鴨さんが虎にやられてしまったんだって。

 

ちなみに、この虎が、鴨さんに噛み付いたと言われる虎!

 

kinsechinwa

 

 

乱暴な振る舞いをすると言われていた鴨さんだから、こういう話が伝えられているのかもしれないけど・・・

この虎の気持ちがわかるリン・・・

 

ボクもたまに、鴨さんのようなことを言われるリン!

そういうときは、とっても悲しい気持ちになるから・・・

 

 

ボクも今度から「がおー!」しちゃうぞっ☆

 

gaoo

 

 

※トラりんはガラスのハートの持ち主なので、鴨さんと同様の発言は心にしまっておいてあげてください。

(トラりんスタッフより)

 

 

 

↓3つの特集陳列を開催中だリン♪

http://www.kyohaku.go.jp/jp/

 

「とりづくし―干支を愛でる―」

2016年12月13日(火)~2017年1月15日(日)

平成知新館(2F-1、2)

 

「生誕300年 伊藤若冲」

2016年12月13日(火)~2017年1月15日(日)

平成知新館(2F-3~5)

 

「皇室の御寺 泉涌寺」

2016年12月13日(火)~2017年2月5日(日)

平成知新館(1F-2、3、5)

TOP