SAVE KYOTO

2015.11.08

「風神雷神図屏風」の魅力に迫るリン!

こんにちリン!トラりんだリン。


『風神雷神図屏風』三対を展示中の京博に、連日たくさんの方に来ていただけて、嬉しいリン!

そこで・・・・
京博のPR大使であるボクとしては、みんなにもっと、『風神雷神図屏風』の魅力を知ってもらいたい・・!と、思い立ち、早速、学芸員の福士さんを訪ねたんだリン。

福士さん、よろしくお願いリン。

 

1108_01


トラりん:さっそく展示室で『風神雷神図屏風』を見てみるリン…あれ? 同じ絵が3つあるリン! 福士さん、どれが本物なんだリン?

 

福士:トラりん、3つとも本物なんだよ。それぞれ違う人が描いた、3つの「風神雷神図屏風」が展示されているんだ。

 

トラりん:えーっ!「風神雷神図屏風」はひとつしかないと思ってたリン!

 

福士:トラりんが知っているのは、きっと一番奥にある国宝の「風神雷神図屏風」だと思うよ。俵屋宗達という人が描いた作品で、京都の建仁寺が所蔵しているんだ。

 

トラりん:俵屋宗達なら聞いたことあるリン! 本物は初めて見るけど、教科書の写真とちがって迫力あるリン。

 

福士:そして、右にあるのが、その宗達の作品をもとに尾形光琳が描いた「風神雷神図屏風」。

 

トラりん:光琳先生はボクの生みの親だリン! そうかあ、光琳先生は宗達さんの作品を見てマネをしてるんだリン。

 

福士:そうだね。しかも、光琳は宗達作品の上にうすい紙を置いて、そっくりそのまま写し取っているんだ。こういうのをトレースと言うんだよ。

 

 

1108_02

トラりん:そっくりそのまま!まるでコピーしてるみたいだリン。

 

福士:でも、違うところもたくさんあるんだ。トラりんはどこが違うか分かるかな?

 

トラりん:違うところ…。あっ!光琳先生の方が雲が黒くて大きいリン!

 

福士:そうそう。ほかにも、風神雷神の高さとか、視線の向きとか、違うところが色々あるんだよ。それに、画面の大きさも光琳の方がひとまわり大きいしね。

 

トラりん:そう言われてみれば…。光琳先生は、ただマネをしただけじゃなかったんだリン!

 

福士:それじゃあ、左側にある「風神雷神図屏風」はどうかな? これは、酒井抱一という人が描いたんだ。

 

トラりん:色がとってもきれいだリン! あっ!それから風神の高さが光琳先生よりも低いみたいだリン!

 

1108_03

福士:そうそう、トラりんよく気付いたね。光琳作品では風神雷神は同じくらいの高さで向き合ってるけど、抱一は位置を変えているね。画面も3つのなかではいちばん背が高いんだ。

 

トラりん:そっくりと思ってたけど、よく見れば違いがいっぱいだリン!

 

福士:そして、実は描かれた時期もそれぞれ約100年ほど違うんだ。

 

トラりん:…ど、どういうことなんだリン?

 

福士:宗達が描いてからおよそ100年後に光琳が、そして、それからさらに100年後に抱一が描いているんだよ。

 

トラりん:ええーっ!! ということは、光琳先生は宗達さんに会ったことはないんだリン。

 

福士:そう。抱一も光琳には会ったことがない。

 

トラりん:同じ「琳派」なのに、なんだか不思議な感じがするリン。

 

福士:それが「琳派」の面白いところ。お互いに面識はないけれど、残された作品を見てそこから学び取り、まるでひとつの流派のようになっているんだよ。

 

1108_04

トラりん:面白いリン!みんなも3つの「風神雷神図屏風」を見に来てほしいリン!

 

福士:…ただ、3つが並ぶのは11月8日までなんだよ。

 

トラりん:えええーっ!!! 福士さん原稿出すのが遅いリン!

 

福士:ごめん…。トラりんのキャラがいまいちつかみ切れなくて…。

 

トラりん:なんか言ったかリン?

 

福士:でも、11月10日からも、宗達と抱一の「風神雷神図屏風」は展示されているよ。

 

トラりん:3つが2つになったら寂しいリン…。

 

福士:大丈夫! 光琳の「風神雷神図屏風」と入れ替えで、抱一の「夏秋草図屏風」が展示されるんだ。

 

トラりん:夏秋草?でも風神雷神とは関係なさそうだリン。

 

福士:それが大いに関係ありなんだな~。実は、この抱一の「夏秋草図屏風」は、光琳の「風神雷神図屏風」の裏側に描かれていたんだよ。

 

トラりん:裏側に!しかも光琳先生の「風神雷神図屏風」の!

 

福士:そう。だから、抱一の「夏秋草図屏風」は、光琳の「風神雷神図屏風」をとても強く意識しているんだ。

 

トラりん:それはすごいリン!はやく見たいリン!

 

福士:まあまあ、焦らないでトラりん。3つの「風神雷神図屏風」が一度に見られるのは、京都では75年ぶり。トラりんもこのチャンスを逃さずちゃんと見てほしいな。

 

トラりん:もちろん見るリン! 福士さん、今日はありがとリン! 最後に記念撮影~!

 

福士:トラりん、作品にかぶってるよ~!

 

 

1108_05

TOP