SAVE KYOTO

2017.8.07

特集展示 京都水族館連携企画「京博すいぞくかん─どんなおさかないるのかな?」を見に行くリン♪エピソードⅠ

こんにちリン!

トラりんだリン!

 

 

トラりん:あづい~~~!

毎日とっても暑いよ~~~!

暑くて、暑くて、夜も寝苦しいリン・・・

この夏を少しでも涼しく過ごせる方法、何かないかなぁ?

 

水谷研究員:あるよ!

そんな夏バテトラりんにピッタリの展示が☆

 

 

トラりん:あるの?!

しかも展示作品で?

え、ボク・・・ちょっとオバケとかは苦手なんだけど・・・

 

水谷研究員:心配いらないよ。

いま京博で行われている特集展示は、京都水族館連携企画「京博すいぞくかん─どんなおさかないるのかな?」。

この展示は京都水族館と連携した、京博はじめての子ども向け展示だよ。

夏休みに「子どもとどこに行こうかなぁ」と考えている大人のみなさんのために、子どもと一緒に楽しめる展示になっていて、見ていると涼しい水辺で過ごしている気分になるよ。

 

トラりん:涼しげで、夏休みにピッタリの展示だリン♪

 

水谷研究員:同時に京都水族館では、京博の展示で紹介されている水の生きものが主役の「すいぞくかんとはくぶつかん」が開催されているんだ。

せっかくの機会だから、京博の展示作品と合わせて、特別に京都水族館の生きものを2週に渡って一緒に見てみよう!

 

トラりん:今回の虎ブログでは、展示室を飛び出しちゃうんだね!

はじめての試みだリン☆

 

水谷研究員: トラりんの写真も、京都国立博物館の展示室、京都水族館とめまぐるしく変わるから、ついてきてね!

それじゃあ、早速出発ー!

トラりん:まずは、京博の展示室からだね!

まるで水の中にいるみたいだリン☆

うううぅぅう・・・

 

 

水谷研究員:トラりん、息して!

水の中の生きものが大集合で、確かに勘違いしてしまいそうだよね。

トラりんは、どの作品が気になるかな?

 

トラりん:あっ!この絵は、黒い葉っぱに赤いお花が映えて、とってもお洒落だリン♪

 

水谷研究員:この絵は、斉白石(せいはくせき)が描いた「紅蓮遊魚図(ぐれんゆうぎょず)」(京都国立博物館所蔵)だよ。

 

 

トラりん:でも、この絵にいる、水の中の生きものって・・・

これ?

 

 

水谷研究員:そうだよ。

この小さなお魚さん、何かわかるかな?

 

トラりん:いや、全然わからないリン。

なに、この顔。

不思議なことに、見れば見るほど可愛く思えてくるリン・・・

 

 

水谷研究員:こっちを見て笑っているみたいな、可愛い顔をしているよね!

私も大好きな絵なんだ。

好きすぎて、「京都国立博物館だより」にいっぱい載せてしまったよ。

どんな魚か、水族館の下村実館長に教えてもらったんだ。

「カワヒラ」っていうんだって!

細長くて、口が上を向いているのが特徴だよ。

だから水の上から見ると「イーッ」ってしているように見えるんだ。

 

トラりん:本当だー♪

本物を見てみたいリン!

川にいるの?海にいるの?

 

水谷研究員:湖や川にいる魚なんだけど、実は日本にはいないんだ。

中国の魚なんだよ。

 

トラりん:中国かぁ・・・ちょっと遠いリン・・・

 

水谷研究員:カワヒラは5000年前頃までは日本にもいたんだけど、絶滅してしまったんだって。

この絵を描いた斉白石は、中国の近代の画家だよ。

カワヒラは中国ではたくさんいるらしいから、きっと身近にいたこの魚を見たことがあったんだろうね。

実はこっちの等本(とうほん)筆「藻魚図(そうぎょず)」(京都国立博物館所蔵)に描かれているのもカワヒラなんだ。こっちのほうがリアルだね。

ほら、口が上を向いているでしょ?

 

 

トラりん:ホントだ!この絵を描いた等本さんも中国の人なの?

 

水谷研究員:いや、室町時代の日本の人だよ。

 

トラりん:えっ、どういうこと!?

 

水谷研究員:昔は上手な絵をお手本にして描くのも大事な絵の勉強だったから、中国から入ってきた魚の絵を見て学んで、この絵を描いたんじゃないかと考えられているよ。

 

トラりん:そうなんだ!

実物を見て描くだけが、絵の描き方じゃないんだね。

日本にいない魚も絵の中では泳いでいるなんて、面白いリン。

 

水谷研究員:カワヒラは残念ながら京都水族館にはいないけど、仲間の「ワタカ」がいるって下村館長が教えてくれたけど…

 

トラりん:ボク、出張でお邪魔したときに下村館長に見せてもらったよー!

ほらっ☆

 

 

水谷研究員:みんなもぜひ京都水族館で探してみてね。

トラりん、次は何が気になるかな?

 

トラりん:あ、この何だかキラキラしたものが気になるリン!とってもゴージャスだリン!

 

水谷研究員:これは「貝合わせ」の道具だね。

「貝桶(かいおけ)・合貝(かいあわせ)」(京都国立博物館所蔵・入江波光コレクション)だよ。

 

 

トラりん:貝?

ホントだー!貝殻に絵が描いてある!

 

水谷研究員:これはハマグリの貝殻だよ。

 

トラりん:ハマグリ!

実はボク、京都水族館さんの「すいぞくかんとはくぶつかん」絵画コンテストの事前募集にこっそり応募したんだ!

いくつか題材が選べたから、ボクはハマグリの絵を描いたリン♪

 

 

水谷研究員:参加は小学6年生までで、トラりんは1歳だもんね。

 

トラりん:水族館では、みんなの作品がモザイクアートになって飾られていたリン♪

見て!すごいよねー☆

 

 

水谷研究員:本当だ。みんなの作品が一つの絵になっていて、素敵だね。

さて、トラりん。

「貝合わせ」ってどんな遊びだと思う?

作品をよく見てみて。

 

トラりん:うーん・・・

あ、貝殻のこっちとこっちに、同じ絵が描いてある!こっちも!

分かったリン!これは神経衰弱みたいに、同じ絵を見つけるゲームだリン!

 

水谷研究員:おしい!!半分正解だよ。

トラりんが考えた通り、ペアを探す遊びなんだけど、実は見比べるのは絵じゃなくて、貝殻の外側の模様なんだ。

ハマグリの貝殻は白くて、茶色のいろいろな模様が入っているよね。

これは貝によって全部違っていて、もともとペアだった貝殻は同じ模様をしているんだ。

京博の2階レファレンスコーナーでも、京博ナビゲーターさんが紹介してくれる「さわって発見!ミュージアム・カート」の一つで「貝合わせ」を行っているよ。

 

 

トラりん:ほんとだ!しかもちがう貝で合わせようとしても、うまく閉じないリン…。

 

水谷研究員:貝殻の形もそれぞれ違うから、生まれ育ったペアの貝殻じゃないと、ぴったり合わないんだよ。

 

トラりん:強い絆を感じるリン。

 

水谷研究員:そうだね。だから貝合わせは、大事な嫁入り道具だったんだよ。一生を共にする運命の人との出会いを表わすと考えられたんだ。

 

トラりん:ロマンチックだリン…!!

 

 

水谷研究員:京都水族館にも、今回特別にハマグリが展示されているよ!

実際にどんな姿なのか、よく見てみよう。

 

トラりん:砂にもぐって暮らしているんだね☆

縦になっているハマグリもいるー!

 

 

水谷研究員:「ハマグリ」という名前は、先がとがって茶色いところが、「浜辺に落ちている栗」みたいだからついたと言われているよ。

 

トラりん:確かに栗に似ているリン。

貝殻から2つ出ている口みたいなのは何かなぁ?

ハマグリはいつも何を食べてるのかなぁ?

気になることがいっぱいだリン!

つぎに京都水族館へお邪魔したときに、また下村館長に聞いてみよう!

 

水谷研究員:京都水族館さんでは20日(日)に、ハマグリの貝殻に絵を描いて、貝合わせで遊ぶことができる体験プログラムも開催されるよ。

事前申込が必要だから、詳しくはこちらで☆

http://www.kyoto-aquarium.com/event/kaiawasedeasobou.html

 

トラりん:むかしの人たちの遊びが体験できるなんて、とっても素敵な機会だリン♪

 

水谷研究員:今日はここまで☆

次回もお楽しみに♪

 

トラりん:なんだか涼しくなれた気がするリン♪

でも結局、次回が楽しみで眠れないよ!

 

TOP