SAVE KYOTO

2016.1.14

特集陳列「刀剣を楽しむ」開催中だリン!

000

 

トラりん:夜の博物館はなんだか薄気味悪いなぁ。

     でも博物館の見廻りはボクの大事なお仕事だリン。

 

001

 

トラりん:あれ?こんな時間に人が…

 

 002

 トラりん:か、刀を持ってるリン!!きっと危ないヤツだ…。

 

003

 トラりん:こっそり後をつけてボクの虎眼流で討ち取るリン!

 

004

 トラりん:このお部屋に入っていったようだリン。

 

005

 トラりん:なになに、『と う け ん を た の し む』。。。

     刀の展示をしているお部屋みたいだリン。

 

006

 トラりん:本当だ! 刀が一杯あってキラキラしてるリン!

 

 

 

 

??  :とりゃっ!

 

トラりん:?!

 

 007

 

トラりん:不意打ちとは卑怯だリン!

 

末兼  :ごめんごめん。トラりん、こんばんは。

     特集陳列『刀剣を楽しむ―名物刀を中心に―』担当研究員の末兼です。

     今日は刀の展示を説明するよ。

 

 

トラりん:末兼さんだったリンね…。

     不意打ちなんて卑怯だリン!怖かったリン(涙) 

 

末兼  :あれれ、そんなに怖かった?

     実はね、これは今から紹介をする「刀剣を楽しむー名物刀を中心にー」を

     トラりんに楽しんでもらおうと思ったんだ。

     でも、怖がらせちゃったんなら、ごめんね。

 

トラりん:こ、怖がってなんかいないリン!

     刀の一本や二本、余裕だリン!(汗)

 

 

末兼  :さすがトラりんだね。

     じゃあ、さっそく展示のみどころを紹介するよ。

 

トラりん:よろしくだリン!

 

 

末兼  :まずはこの刀を見てごらん。

 

トラりん:なんだか変わった形をしている刀だね。

 

008

 

末兼  :これは重要文化財で薙刀を刀に改造したものだよ。

     足利将軍家伝来の名物刀剣で、

     骨喰藤四郎(ほねばみとうしろう)って言うんだ。

 

トラりん:骨…!

 

末兼  :骨喰の異名は『斬り付ける真似をするだけで、

     敵の骨が砕けて死んでしまう』という伝説からついたんだ。

 

009 

トラりん:ええ!? ものすごく恐ろしい事をサラッと言うリンね…。

 

末兼  :それくらい鋭い斬れ味だったんだろうね。

 

010

 末兼  :次は江戸時代を代表する刀鍛冶、長曽根興里の刀だよ。

     一般的には号である『虎徹』の名前で知られているね。

 

トラりん:スラッとしてて無骨だけど力強い印象だリン。

 

011

末兼  :興里は何度も銘(刀の茎に彫られたサイン)を変更していて、

     この刀は『興』の字の下がひらがなの『い』に見えることと、

     『虎』の字の最終画が虎の尻尾のように跳ね上がっているから

     『イオキハネトラ』と呼ばれる時代のものだよ。

 

012 

トラりん:とら!!

 

 

末兼  :ん? トラりんどうしたの?

 

トラりん:虎って書いてある… 格好いいリン…。

     ボクも刀が欲しくなってきたリン…。

 

末兼  :え? ちょ、ちょっとトラりん!?

      トラりんは、既に”マイ刀”を持っているじゃない。

     とっても格好いいよ。

 

トラりん:本当?!

     実はね、毎日ちょっとずつ腕を磨いているんだリン。

     末兼さん、見てリン♪

 

     とう! やあ!

 

013 

014

※トラりんが持っている刀はレプリカです。

 

末兼 :うんうん。

    なかなかサマになっているね。格好いいよ。

    でも、展示室では刀を振り回さないでね(汗) 

 

トラりん:あっ、ごめリン…。

 

     ところで、『刀剣を楽しむ─名物刀を中心に─』では、

     通常の音声ガイドとは別に内容書下ろし&豪華声優陣による

     刀剣乱舞特別版をご用意しているリンね?

 

015

 

末兼  :そうなんだ。

     二通りの楽しみ方があるので、トラりんもそれぞれ聞いてみて、

     その差を楽しんでね。

 

016

 

トラりん:末兼さんが海外出張中にWi-Fiを借りて入稿した綱渡り企画だったリン…。

 

末兼  :スミソニアン博物館の皆様、その節は大変失礼いたしました。

 

トラりん&末兼:ぜひ聴いてね~。

 

 

◎特集陳列 刀剣を楽しむ─名物刀を中心に─

 

日程 :2015年(平成27年)12月15日~2016年(平成28年)2月21日

    ※「名物骨喰藤四郎」と「名物髭切・鬼切」は

     1月17日までの展示となります。

会場 :京都国立博物館 平成知新館 特別展示室

 

URL :http://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/floor1_1/token_2015.html

TOP