SAVE KYOTO

2016.1.22

特集陳列「皇室ゆかりの名宝」のお知らせ

こんにちリン!トラりんだリン。

 

昨年12月15日から展示をしていた、

特集陳列「さるづくしー干支を愛でるー」がもうすぐ終わってしまうリン。

 

みんなはもう見てくれたかな?

 

まだの人は、ぜひ見てほしいリン☆

 

 

そして、「さるづくしー干支を愛でるー」と入れ替わるようにして

始まる特集陳列があるんだリン。

 

それは、これ!

 

 

どどーーーん!

 

unnamed-3

 

「皇室ゆかりの名宝」だリン!!!

 

 

日程   :  2016(平成28)年1月26日~2月21日

会場   :  京都国立博物館 平成知新館

休館日  : 月曜日

開館時間 : 午前9時30分から午後5時まで (入館は午後4時30分まで)

 

 

 

“皇室ゆかりの”名宝って、一体どんなものだと思う?

今回展示をされるその中身を、ちょっとだけお見せするよ!

 

unnamed-6

 

この特集陳列では、歴代天皇の肖像画やきらびやかな帝の行幸を描いた屏風など

京都が生み出し、守り続けた名宝の数々が展示されるよ!

 

そのほか、展示に関する詳細は下のURLからも見ることが出来るリン!

見てみてね♪

 

◎特集陳列「皇室ゆかりの名宝」

http://www.kyohaku.go.jp/jp/project/2016_koshitsu.html

 

 

unnamed-2

 

 

1月26日(火)から始まる

特集陳列「皇室ゆかりの名宝」を楽しみにしていてね!!

 

2016.1.21

「京都・らくご博物館」と土曜講座を要チェックだリン♪

こんにちリン!トラりんだリン。

 

毎日寒いね。

 

今日は、そんな寒さを和らげる、

心がほっこりするような楽しいニュースをお届けするリン♪

 

 

楽しいニュースとは…、これだリン!

 

じゃーーーん!!

 

unnamed-5

これ、なんだか分かる?

 

実はね、「京都・らくご博物館」というイベントのポスターなんだリン。

 

京博は、みんなに親しまれる博物館を目指しているのだけれど、

日本の伝統芸能である落語の上演を

「京都・らくご博物館」と題して年に4回実施しているんだリン。

 

 

博物館でらくごを聞けるなんて、ちょっと素敵だリン?

とっても楽しいイベントなんだよ!

 

みんなも、ぜひきてほしいリン!!

 

 

 

どう?ボクも落語風に座ってみたけれど…

さまになっているかな?

 

unnamed-8

 

◎京都・らくご博物館[冬] 

 日 時   : 2016年1月24日(日)13:00開場 13:30開演

 会 場   : 平成知新館 講堂

 入場料  : 一般 3,100円(税込)/キャンパスメンバーズ 2,500円(税込)    

        (全席指定・平成知新館名品ギャラリー観覧券付き)

 主 催   : 京都国立博物館

 制作協力: 米朝事務所

 演 目   : 当日のお楽しみ!

 

チケットの購入の仕方などの詳細はコチラのURLをチェックしてね!

http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/rak/vol40.html

 

 

 

そしてね、もう一つお知らせがあるんだリン☆

 

みんなは、京博の“土曜講座”って知っているかな?

 

 

これはね、土曜日の午後に開講している講座なんだリン。

展覧会や展示に関連したテーマで、

京博の研究員が中心となってお話しをするんだよ。

 

 

今後の予定は下の通り。

どの講座も、とっても気になるリン〜〜!

 

unnamed

しかも、土曜講座への参加は無料だリン♪

※ただし、名品ギャラリー観覧券が必要

 

2月以降も、さまざまな講座を予定しているので

興味のある講座に、参加してみてね♪

 

◎土曜講座

 会場  :平成知新館 講堂

 時間  :午後1時30分~午後3時

 定員  :200名

 聴講料 :無料(ただし、観覧券が必要です)

         当日、12時より平成知新館1階にて整理券を配布します。

          定員になり次第、整理券配布を終了いたします。

 

土曜講座の詳細はコチラからもご覧頂けます。

http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/sat/index.html

 

 

「京都・らくご博物館」も土曜講座も、平成知新館の講堂で開催するよ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(ボクもいつか、出演してみたいリン…!)

unnamed-7

 

 

京博は、展示以外にもいろいろな行事を開催しているよ。

みんなもぜひ、遊びに来てリン♪

(そして、ボクにも会いにきてほしいリン〜〜…!)

 

じゃあね、ばいリン〜!

2016.1.19

獅子と狛犬博士になるリン!

 

こんにちリン。トラりんだリン!

 

 

みんなは、現在開催中の特集陳列「獅子と狛犬」はもう見た?

まだの人には、是非オススメしたいものがあるんだ。

 

京博では、展示に合わせて、鑑賞ガイド「今日から君も獅子と狛犬博士」を

配布中だリン!

 

連動企画も開催中なので紹介するリン。

 

 

じゃーん!

これが、連動企画の「今日から君も獅子と狛犬博士」だリン!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

1Fの獅子と狛犬の展示室入口や、2Fのレファレンスコーナーに置いてあるよ。

 

 

獅子と狛犬のルーツや、鑑賞するときのポイントが書かれているリン。

いろんな特徴があることがよく分かるな~!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

連動企画①では、2Fレファレンスコーナーで好きな獅子と狛犬について

京博ナビゲーターさんとお話できるリン。

 

好きなところを話すうちに、さらに新たな魅力が見えてくるかもしれないね!

 

 

獅子と狛犬の人気投票もやっていたので、ボクも投票するリン♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

投票結果はこの「虎ブログ」で発表するので、みんなもどんどん投票してね!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

感想ノートもあったので、好きなところを書くリン。

どんな感想が集まるか楽しみだな~。

 

 

連動企画②は2Fのミュージアム・カートで、玉眼体験ができるんだ。

目がキラキラしている獅子と狛犬の仕組みを知ることができるリン。

 

今日は特別に、教育普及担当研究員の水谷さんが紹介してくれたよ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

水谷:  これは仏像の玉眼ですが、狛犬の玉眼も同じように作られているんですよ。

 

トラりん:緊張するリン~。

 

 

水谷  :大事に扱えば壊れないので大丈夫ですよ。

 

トラりん:いろんなパーツで作られているんだね。

     とっても興味津々だリン。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

どんな風に玉眼が作られているかは、是非博物館で確かめて欲しいリン!

 

連動企画は、京博ナビゲーターさんが活動している10:15~16:15の間に参加できるよ。

みんなの参加を待ってるリン~!

1 21 22 23 24 25 26 27 31
TOP